チョーゼバイターキマスは安倍晋三の発言

この記事は約2分で読めます。
スポンサーリンク

スポンサーリンク

チョーゼバイターキマスの意味

「それではいただきます」という意味です。

「それではいただきます」を滑舌が悪い人が言うと「チョーゼバイターキマス」と聞こえます。

元ネタは何?


YouTubeチャンネル「首相官邸」に投稿されたThis is “Washoku,” traditional dietary cultures of the Japanese!- 2013.12.20が元ネタです。

動画の内容は元総理の安倍晋三氏がカメラの前で食事を食べる動画です。

「チョーゼバ。イターキマス。」とあいさつをしてお箸をクルンと回転させてもくもくと食事を食べます。

なぜ話題になった?

tiktokに動画が転載されてバズりました。

安倍晋三氏の滑舌が悪すぎて「それではいただきます」が「チョーゼバ。イターキマス。」と聞こえます。

またお箸をクルンと回転させている点も話題になりました。

@nyomokomoチョーゼバ。イターキマス。(お箸クルンッ) #安倍晋三#総理大臣#kawaii♬ チョーゼバイターキマス – nyomyo

チョーゼバイターキマスの使い方

おいしい食べ物を食べる時に使えます。

SNSで使いやすいですね。

まとめ

  • 元ネタはYouTubeに投稿された動画
  • tiktokでバズる
  • 安倍晋三の滑舌が悪い

コメント

タイトルとURLをコピーしました