ブルーボトルコーヒーはあいつのせいのせいで失敗したって本当?

この記事は約5分で読めます。
スポンサーリンク

ブルーボトルコーヒーあいつ

この記事ではブルーボトルコーヒーあいつについて紹介していきます・

スポンサーリンク

ブルーボトルコーヒーのあいつとは松村太郎氏のこと

こちらの男性が松村太郎さんです。

アメリカ発のコーヒーショップ「ブルーボトルコーヒー」が日本に進出した時に松村太郎氏がブルーボトルコーヒーに対して祝福のつぶやきをtwitterでしたのがきっかけです。

松村太郎氏の話題になったつぶやき

こちらのつぶやきでブルーボトルコーヒーが有名になりました。

2015年2月にブルーボトルコーヒーが進出した際に意識高い系丸出しのつぶやきをtwitterでつぶやき、バズりました。

その後「ブルーボトルコーヒのあいつ」と呼ばれるようになりブルーボトルコーヒーといば意識高い系というイメージを植え付けました。

ブルーボトルは国によって味を変えている

ブルーボトルコーヒーは国によって味を変えているため日本では「西海岸の味」を味わうことはできません。

ブルーボトルコーヒのあいつのうように玄人のふりをしているとかなり恥ずかしいです。

いわゆる意識高い系ですね。

ブルーボトルコーヒーに行きづらい?

松村太郎氏のつぶやきの影響もあり、意識高い系と思われたくないため、ブルーボトルコーヒーに行きづらいと考える人も多いみたいです。

2chでは松村太郎氏のことを一人でブルーボトルのネガキャンに成功した男、日本進出を妨げた男を言っている方もいます。

ブルーボトルコーヒのあいつはいまだに話題になる

当時話題になった後もたびたびブルーボトルコーヒのあいつについてつぶやく人がいます。

ブルーボトルコーヒー日本進出は成功したのか?

ブルーボトルコーヒーは日本に進出してから店舗を増やしていってはいるものの閉店してしまった店舗もあります。

今後どうなるか気になります。

松村太郎氏のプロフィール

1980年4月9日生まれのITジャーナリストで、カリフォルニアに住んでいます。

カルフォニアの意識は日本とは違うみたいです。

まとめ

  • ブルーボトルコーヒーのあいつは松村太郎
  • ブルーボトルコーヒーは国によって味を変えているため日本では西海岸の味を味わうことはできない

コメント

タイトルとURLをコピーしました